webサイトのユーザビリティについて

webサイトのユーザビリティについて

webサイトのユーザビリティというのは、使いやすさという意味ですが、今はどんどんとこれが重要になっているといえるでしょう。そのためそのチェックは欠かすことが出来ません。
特に今このユーザビリティが大切になっているのは、検索エンジンを作るようになった人工知能がwebサイトの使いやすさというものを重要視することになっていることも関係しています。クローラーという検索エンジンがサイトを巡回するシステムもこれを重要視するようになっています。何故なら使いやすいサイトというのは、それだけ需要が高いということがあるからです。当然ながらwebサイトには見やすさや使いやすさというものが求められることになります。使いやすいサイトというのは、訪問していて不快感を感じないからです。そして、この不快感というのはネット利用者にとってはとてつもなく大きなものとなるということです。というのは、ネットの利用者は他にも選択肢があるので、少しでも不快なことがあれば、すぐに別のサイトにいくという行為をします。つまり、他の選択肢がない場合は少しぐらいの不快感があっても、そのサイトを利用しますが、少しでも不都合を感じるようなことがあれば、他のもっと快適なところにいってしまうのです。ネット上には多くの選択肢があり、簡単に他の選択をすることが出来るということがありますから、少しでも不都合なことがあれば、あっというまに別のところに行くという特徴があります。そして、この不快感や不都合な感じを与えやすいのが、この使い勝手というユーザビリティになってくるわけです。これが良くないと、あっという間に訪問者は別のサイトに行ってしまいます。他に選択肢がない場合は、そのまま我慢してくれる場合もありますが、ネット上では無限といってもいいぐらいの選択肢があるので、多くの人が不快感を感じると別のサイトに行ってしまうのです。
不快感や不都合はいろいろなことで感じるものです。サイトの階層が深すぎて、目的のところになかなかたどり着かないというようなこともありますし、サイトに目次がない、目的のページが見つからない、ブラウザによって見えないものがある、モバイル端末の利用者を考えていない表示になっているなど、その理由は実にさまざまです。こうしたことを全てクリアにして、全ての利用者が不快感を感じることなく、サイトを利用することが出来るようになると、そのサイトは検索エンジンからも評価されて、有意義なサイトとなることが出来るのです。