webサイトのナビゲーションの設計

webサイトのナビゲーションの設計

webサイトは、企業サイトや個人サイトなど様々なタイプがあります。近年では、目的に応じてサイト作成が出来るように指針が公開されるようになってきており、企業・個人共にその指針に合わせてサイト作りを行えば、用途を満たしたサイト作りが行えます。
サイトにアクセスしてきた人々が目的の情報を掲載しているページにアクセスしたいと考えた時に、サイトを運営している人や企業は、ユーザーが目的のページに辿り着けるように動線を確保しておく事が必要になってきます。
webサイトにアクセスした時にユーザーが目的のページに行きやすくするには、ナビゲーションを作っておくと良いでしょう。ナビゲーションは、カテゴリーやジャンル別に分けておく事で各ページへのアクセスがしやすくなる道標であり、webサイトやブログやSNSなどといったネットメディアには必ず搭載されています。
このナビゲーションは、PCサイトやモバイルサイトに搭載する事ができ、端末によってユーザーの使い勝手を考慮して設計していく事になります。デザインは、ページのヘッダ部に作ったり、サイド部に作ったり、ページのスクロールに合わせて追随するように作ったりというように色々と変化させられます。
PCサイトは、PC向けのブラウザのフル機能を活用してサイト制作を行えます。その為、CSSや画像やスクリプトなどを最大限に活用してナビゲーションバーを作る事が出来ます。凝ったデザインも可能ですので、サイト運営者のニーズに応える事ができ、パンくずリストやサイトマップを作成しておく事でも、ユーザーは目的のページへのアクセスがしやすくなり、Webアクセシビリティを高められます。
webサイトにアクセスする人々を増やしていく為には、SEO対策によってサイトを最適化させる事が必要ですが、ナビゲーションバーやサイトマップやパンくずリストなどを作成しておく事は、検索エンジンのクローラーと呼ばれるプログラムがサイトの情報を収集しやすい環境作りを行うのにも有効です。検索エンジンへの最適化を図る事によって、検索ワード毎の検索結果ページの上位にサイトが掲載される可能性が高まり、ネットユーザーがサイトにアクセスしてくれる確率が高まってきます。
webサイトは、情報の質や量が充実している事が重要ですが、同時にアクセスしてきたユーザーが使いやすい環境を整える事も重要なポイントです。快適に閲覧出来る環境作りをしていけば、ECサイトのように電子商取引がメインとなっているサイトでの売り上げが向上する事が期待出来ます。