HTMLとcssとは

HTMLとcssとは

Webデザインをする時はサイトのデータを作りますが、作成をするためには専用の言語について学ばなければいけません。
サイトで使われる言語には色々なものがありますけど、基礎的なものとしてHTMLとcssがあります。
この2つはホームページを作る時に使われるもので、この2つを上手く利用することによってWebデザインが可能になります。
HTMLはサイトのデータの基本的な要素になるもので、表現をするパーツを作るために使われるものです。
この言語ではタグと呼ばれるものを使って表現するものを挟み、それによってブラウザ上で表示するものになっています。
タグと呼ばれるものは<>〜のような形のもので、左右にあるものがタグでその間に表現をするものを入れます。
左右のタグのところに色々な記号を記入する事になっていて、それによってどういう表現をするのか指定することになります。
この言語を使えばブラウザ上で表示するものを用意することができますが、細かい調整をする機能は持っていません。
工夫をすればある程度は調整をする事ができますけど、そういう調整については別のものを利用します。
ブラウザ上で見られるデータを調整する時に使われるのがcssで、この言語では表示するものの大きさなどを変えられます。
ホームページでは文章を表示する枠や画像を表示するところなど、色々なパーツを用意して表現することになります。
その時にそれぞれのパーツの位置や大きさを変えられるのがこの言語で、見やすいサイトにしたい時に使われます。
この2つの言語は両方使われることが一般的ですが、使い方にはいくつかの種類が存在しています。
一つはこの2つの言語を別々に書いてそれをまとめるもので、こういう方法はデータが分離するのでチェックがしやすいです。
他の方法としてはHTMLの内部にcssを書くやり方も存在していて、この方法はデータをまとめることができるため評価されています。
また最近はHTMLの新しいバージョンである、HTML5の利用が盛んになってきています。

このHTML5は動画などをサイトに簡単に表示できるもので、変化のあるサイトを使いたい時に便利なものです。
以前のHTMLに比べてプログラムを書く時の手間も軽減されているので、HTML5を使えば仕事の効率をよくできます。
ただHTML5は多機能であるため分かりづらい所もありますから、学ぶときはそのような点に注意が必要です。