webサイト制作の コンセプトについて

webサイト制作の コンセプトについて

webサイト制作にあたり、どのようにしてお客さんを増やすのか、そのコンセプトを練ることになります。webサイトの出来によっては、そのサイトからその会社の商品、サービスを購入するということもあれば、逆に購買意欲を落とす、期待に応えられないということにもつながります。そのため、コンセプトを徹底することが売り上げを大きく左右するなど極めて重要な要素となります。

 

基本的なこととしては、そのwebサイトがなぜ必要なのかということです。企業の中には自社のサイトを持たないところも存在します。これは仮にwebサイトがあったとしても、なかったとしてもそこまで影響がないためであり、知名度を上げる、消費者とのかかわりを気にするという必要がさほどない場合にwebサイトの必要性を感じないことがあります。これは官公庁からの仕事を受注することが多いところでこうしたことが見られます。webサイトは色んな人に会社のことを知ってもらうというツールであり、情報を提供する目的が考えられます。これがwebサイト制作にあたっての前提となります。

 

インターネットの普及により、自分で情報を探し、それを基に購入するという流れが出来ています。以前はジャケット買いと呼ばれる、商品のパッケージだけを見て中身を確認せずに購入するということが見られましたが、最近は中に入っているものを確認するだけでなく、その商品に関する評判を知った上で購入するという流れになっています。検索してもらった人にいかに気に入られるかという観点がwebサイト制作において大事な要素となります。コンセプトを決めるにあたり、ターゲットをどの年代にするかということを考えなければなりません。誰にwebサイトを見てもらうのか、そこを決めてからでないとコンセプトを設定することは出来ません。そして、具体的にターゲットを絞っていくことで自然とコンセプトが決まっていきます。学生に見てもらいたい、しかも関東の男子高校生にwebサイトを見てほしいと考えた場合、どのようなものなら見てくれるのかということを考えます。こういうことを打ち合わせで協議し、決めていきます。

 

あとは検索してもらってすぐに戻るボタンを押されないようにする工夫をし、各ページにおける離脱率を減らし、サイトにとどまる時間を増やすよう、コンテンツを充実させていくようにしていけば、おのずと営業成績に結びついていくことになります。