webサイト制作を依頼する際注意する点

webサイト制作を依頼する際注意する点

webサイト制作を外注に依頼する方もいますが、サイトを作成する業者はたくさんあるので、失敗しないためにもいくつか注意する点があります。業者選びで重要となる費用ですが、かかる費用は細かく設定されている場合が多く、ページ作成やデザイン、写真加工などによっても料金設定がされています。他にもディレクションやスクリプトなど、専門用語が並んでいて何がなんだかわからないという方もいるでしょう。わからないまま依頼してしまうと、予想していない高額な料金を請求されてしまうという場合もあるので、申し込みをする前には、総額でいくらの費用になるのかを問い合わせするか、見積もりを出してもらったほうが安心できるかと思います。おすすめとしては、総額が表示されているパック料金の業者となります。他にも、初期費用が無料のサービスを行っている業者もありますが、そちらのサービスを利用する場合は何年間かの契約を要求される場合があります。途中で解約する場合も、定められた年数の残金を一括で請求される場合もあるため、初期費用が無料と記載されている業者はおすすめできないという意見が多いです。

 

webサイトの制作は誰が行うかも確認しておいたほうが良いでしょう。行っている方としては、制作会社、フリーランス、広告代理店などが挙げられます。制作会社の場合はデザイン制作を請け負う業者となり、それぞれシステムが得意の業者もあれば、デザイン性が高い業者など業者によって特色があります。フリーランスの場合は一人で制作を行う場合が多く、規模の大きいサイトの制作には向いていません。ただ、制作会社よりは小回りが利きやすいという利点があります。広告代理店の場合は、webだけでなく、新聞や雑誌の広告なども取り扱っています。様々な広告を扱っているため、集客に関する媒体などの提案をしてくれることもあります。
問い合わせをする際にも、業者とのコミュニケーションが必要となりますが、業者の方は専門用語を多く使いがちという方が多いです。専門用語を多用する業者とのコミュニケーションは苦労が多くなるため、わかりやすい丁寧な言葉で説明してくれる業者を選んだほうが良いでしょう。また、あるていどの専門用語はこちらも理解しておく必要があります。理由としては、業者に言いくるめられてしまう可能性もありますし、内容を理解できないと業者選びにも苦労するため、よく使われるSEO対策などの用語は理解しておくようにしましょう。